脱毛システム別!人気の家庭用脱毛器まとめ

サーミコン式
熱線を用いて毛を焼き切る方式の脱毛器。
ヤーマンの「ノーノーヘア」が代表機種。
値段の相場は2〜3万円程度だが、火傷をしやすいという大きな問題点がある。

 

電動毛抜き式
ムダ毛を引き抜く方式の脱毛器。
パナソニックの「ソイエ」が代表機種。
値段の相場は1〜2万円と、脱毛器の中では最も低価格。
様々な改良がされているが、毛を抜くだけなので肌へのダメージが大きいのがデメリット。
長期間使い続けて、肌がボロボロになってしまったという口コミも見受けられる。

 

フラッシュ式
脱毛サロンで用いられるフラッシュ脱毛(光、IPL脱毛と同じ)を用いた方式の脱毛器。
肌に優しく一度で広い面積のムダ毛に効果があり、脱毛効果も高いので最近では最も人気があるタイプ。
値段の相場は4〜8万円程度とバラつきがあるが、値段に比例して高機能になる特長がある。
カートリッジに寿命があり、取り替える必要があるのがデメリットだが、自宅で全身脱毛ができるのでトータル的にはサロンに行くよりもお得。

 

レーザー式
クリニックなどで用いられるレーザー脱毛を用いた脱毛器。
代表機種は「トリア」で、様々な女性誌にも掲載されている。
値段の相場は4〜5万円程度で、サーミコン式とフラッシュ式の中間の価格帯。
カートリッジなどの消耗品の交換が不要なのがメリット。
ただし、レーザーの照射面積は小さいのでフラッシュ式に比べると脱毛するのに時間が掛かる。